時期を重視するか年式を重視するかで車買取価格も変わってくる

時期を重視するか年式を重視するかで車買取価格も変わってくる

売る時期によっても査定額はアップする

車買取というものは、売るタイミング一つで、数十万円の差が出てしまうことがあります。このタイミングを逃さないためにも、自分もアンテナを立てておく必要があるのです。車種によっては、車の売れる時期と言うものがあります。基本的には春先に車は売れると思われます。新生活や税金のことも考えて、3月中に売って新しく買おうという人もいるでしょう。その他のタイミングとしては、どの時期にどの車の相場が高くなるのかです。スキーやスノボシーズンの時期には4WD車が売れたり、夏になるとスポーツタイプやオープンカーが売れるので、相場が高くなることが予想されます。それを考えて、自分が持っている車がどのようなタイプか把握し、高く売れそうな時期を狙って売ることが大切です。

売る時期よりも年式のことを考えた方が車は高く売れる

しかし、この時期を待って年式を古くしてしまっては、あまり意味がありません。例えば、自分の車はスポーツタイプで、夏場に高く売れそうだから、今は冬だし来年まで待とうと言った感じです。おそらく、時期的な相場で売るよりも、年式が古くなってから売る方が、査定額が下がってしまうことが多いです。時期的な相場は、何十万円も上がることはそんなにありませんが、年式が一年古くなると、何十万円も下がることがありますから、このことを良く考えて、車買取をしてもらうのがいいでしょう。

車買取の一括査定をする際に、よく生じてしまう疑問点について解説します。

まず、一括査定をしたら、絶対に売らなくてはいけないのかという不安があります。しかし、そんな必要はありません。この買い取り額ではいやであるという場合は、断ってしまって構いません。法律的にも一切問題ありませんので、安心して下さい。気の弱い方の場合、断れないかもしれません。しかし、後悔はしてほしくありません。法律的には何も問題がないのですから、強気のメンタルを保ち、しっかりと断って下さい。

 

次に、ローンが残っている場合についてです。ローンが残っているからという理由にて、買い取ってもらえないことはありません。そこは、住宅ローンなどと一緒です。住宅ローンの場合は、ローンの返済に耐えられないために、ローンが残っていても売却してしまうことは、頻繁にあります。そのため、車の買い取りに置いても、ローンの問題については、何も心配する必要がないのです。しかも、買い取り店がローンの支払いを肩代わりしてくれるのです。非常に便利です。

ホーム